キャリアに対する意識を伝えることが重要

女性のキャリアは如何に

「女性のキャリアは如何に」について

日本も終身雇用制がなくなりつつあり、個人の実力で仕事をこなしていく時代になってきました。男性も女性も関係なくスキルアップして、キャリアアップをすることで高収入を目指せるようになったということです。そんな時代を背景にして、これからを生きる女性のキャリアップの参考になるサイトを立ち上げてみました。転職に迷っている方も参考にしてみてください。管理人へのお問い合わせはwomans_carrier@yahoo.co.jpまでお願いします。「女性のキャリアは如何に」について

伝えることが重要

伝えることが重要

2015/11/23

キャリアアップをするためには

入社したばかりの頃は、期待に胸を膨らませ、頑張って仕事をしてさえいれば自然にキャリアアップすることができ、収入も増えるんだと思っていたのではないでしょうか。しかし、頑張っていてもなかなか昇格する事が出来ず、収入も上がらずに横ばいという女性が多いのが現実です。そもそも女性は「結婚をしてすぐに会社を退職してしまうのではないか」といまだに思われている傾向があります。その理由として、全ての女性がキャリアアップを望んでいる訳ではないからです。もしあなたが何も言わずにいると、キャリアアップを望んでいることが誰にも分からないままなのではないでしょうか。

自分の意識を発信する

もちろん、少しでもいいから昇格したいと皆思っているはずです。しかし、誰が強い意志を持ってキャリアアップを望んでいるかわからないため、自分から発信をしなければだれも汲み取ってくれることはないのです。その為には、同僚や上司にキャリアアップ志向があることを伝えていかなければいけないのです。もし、上司と飲む機会があったら、「どうすれば昇格する事が出来るのでしょうか?」「あの人はどうやって昇格したのでしょうか?」などとさりげなく昇格希望を伝えてみましょう。なぜならば、会社で昇格枠が空いた時には上司に指名してもらう事がカギとなるからです。その時、同じ能力を持った部下が二人いた場合には、昇格を希望していない部下よりも、希望している部下を昇格させるのが普通だからです。その為には常日頃自分の希望を上司に伝えておくことが大切になってきます。特に女性は昇格を希望していないと思われていることが多いので、はっきり何度も伝えましょう。

替えのきかない人になる

また、昇格するためには「替えのきかない人」になる必要があります。まんべんなく何でもできる人も大切ですが、ある分野において長けている人はもっと大切な存在になるのです。どんな仕事も細分化することが出来ます。その細分化した仕事の一つでもいいですから、他の人には真似をすることが出来ないところまでつき進めることが大切なのです。自分が得意とする分野が決まったら、自分から積極的に手を上げ、担当を貰うようにしましょう。そうすることでその分野の仕事がある時にはこの人しかいないと周りに思ってもらう事が出来るのです。実際に昇格した人にも話を聞いてみましょう。昇格したコツを聞いたりすることも大切です。会社によっては、評価よりも、テストやTOEICなどの資格があるかが昇格の条件という場合があります。何が昇格のキーなのかを早めに確認しておきましょう。

こちらの記事もオススメです!

やりたいことを仕事に
やりたいことを仕事に

子供のころの夢を実現している人はほんのわずかです。みんな、大人になるにつれて、自分の夢に制限を設けて、最終的にあきらめてしまうのです。でも、本当にやりたい仕事ならば、夢としてあきらめずに、実現の方法を模索してみてはいかがでしょうか?資格取得や転職など、努力次第で捕まえることができるはずです。

Copyright (C) 2015 女性のキャリアは如何に All Rights Reserved.