キャリアアップして部下を育てる

女性のキャリアは如何に

「女性のキャリアは如何に」について

日本も終身雇用制がなくなりつつあり、個人の実力で仕事をこなしていく時代になってきました。男性も女性も関係なくスキルアップして、キャリアアップをすることで高収入を目指せるようになったということです。そんな時代を背景にして、これからを生きる女性のキャリアップの参考になるサイトを立ち上げてみました。転職に迷っている方も参考にしてみてください。管理人へのお問い合わせはwomans_carrier@yahoo.co.jpまでお願いします。「女性のキャリアは如何に」について

部下を持つということ

部下を持つということの記事一覧

  • チームの目標を明確に 15.12.06

    チームの目標を明確に

    続きを読む 自分がチームのリーダーとして働いている場合、どのような事に気をつければいいのでしょうか。仕事をしていく上で、チームには必ず目標があるのではないでしょうか。しかし、その目標に向かって個人がバラバラに仕事をしていっては、回り道をしてしまい、結果時間がかかってしまいます。そんな時には上司である自分が目標を明確にし、部下が動きやすいように戦略を練っていきましょう。また、部下のモチベーションが下がらないように気を付けましょう。
  • 相談される聞き方 15.12.11

    相談される聞き方

    続きを読む 部下が仕事で失敗をし、自分に報告しに来た場合、いきなり叱ってしまってはだんだん部下も上司に報告や相談をしなくなってしまいます。自分がもし部下の立場の場合には怒ってばかりの上司に相談するでしょうか。社会人にとって「報連相」はとても大切なものです。しかし頭ごなしに部下を叱ってばかりいては、その「報連相」さえ部下はしなくなってしまいます。「報連相」をしない部下が悪いのか、させない上司が悪いのか、よく考えてみましょう。
  • 気持ちを受け入れる 15.12.11

    気持ちを受け入れる

    続きを読む 上司としての役割とは部下の事をよく見ることであるとも言えます。もちろん通常業務もしなければいけませんが、会社では、様々な人が働いています。もちろん部下の性格もそれぞれでしょう。仕事をしていく上での過程を重視している人もいれば、結果重視の人もいます。もちろん仕事をしていくということは、よい結果でなければいけないのかもしれませんが、過程重視の人は結果と自分を重ねて考える傾向にありますので注意が必要になってきます。
  • 上司をも掌握する褒め方 16.04.20

    上司をも掌握する褒め方

    続きを読む 自分に部下も上司もいる場合には、両方に気を使わなければいけません。気を使うと言っても、あれこれ何かをしてあげるというわけでなく、仕事のモチベーションが上がるように相手を褒めることが重要なのです。褒め方にも色々あるかと思います。いつも頑張っているねと言われても最初は嬉しいかもしてませんが、そのうち何も感じなくなってしまいます。また、上司を褒める時には、歯の浮くようなセリフではなく、豊富な知識について褒めるといいでしょう。

こちらの記事もオススメです!

やりたいことを仕事に
やりたいことを仕事に

子供のころの夢を実現している人はほんのわずかです。みんな、大人になるにつれて、自分の夢に制限を設けて、最終的にあきらめてしまうのです。でも、本当にやりたい仕事ならば、夢としてあきらめずに、実現の方法を模索してみてはいかがでしょうか?資格取得や転職など、努力次第で捕まえることができるはずです。

Copyright (C) 2015 女性のキャリアは如何に All Rights Reserved.