女性中間管理職として上司をうまく褒めるには

女性のキャリアは如何に

「女性のキャリアは如何に」について

日本も終身雇用制がなくなりつつあり、個人の実力で仕事をこなしていく時代になってきました。男性も女性も関係なくスキルアップして、キャリアアップをすることで高収入を目指せるようになったということです。そんな時代を背景にして、これからを生きる女性のキャリアップの参考になるサイトを立ち上げてみました。転職に迷っている方も参考にしてみてください。管理人へのお問い合わせはwomans_carrier@yahoo.co.jpまでお願いします。「女性のキャリアは如何に」について

上司をも掌握する褒め方

上司をも掌握する褒め方

2016/4/20

部下の褒め方

中間管理職という立場は最も気を使わなくてはいけない立場なのではないでしょうか。女性の場合は特に気を使わなくてはいけないこともあるかと思います。その中で相手を褒めるということは、簡単そうで実は難しい場合もあるのです。部下を褒める場合には、「頑張っているね」と一言言えばいいと思いがちですが、そのワンフレーズは部下に使う事が多くなってしまうことから、、部下も褒められている感覚がどんどんなくなってしまいます。では部下に対しどんな褒め言葉を使えばいいのでしょうか。
たとえば、「このプロジェクトは○○さんで持っているようなもの」はどうでしょう。この言葉は実際に仕事が出来てもできなくても使える言葉なのです。仕事をよく頑張っている時にはもちろん、ムードメーカーとして、周りの人達を元気にしてくれている場合もあるのではないでしょうか。会社で働いている以上、誰もが何かを頑張っているはずです。

部下にねぎらいの言葉をかける

上司という立場で考えた時に、部下にねぎらいの言葉をかけることも必要なのではないでしょうか。相手に対し、仕事に必要な人、大事な人また、欠くことのできない存在であることを伝えることによって、部下のモチベーションが上がります。また、チームの中には年齢が下などの理由から、雑用を多くやってくれている人もいるのではないでしょうか。そんな人にも「いつもありがとう。あなたは縁の下の力持ちね。あなたのような人がいないとチームが機能しなくなってしまうわね」などと言うことで相手は「自分をきちんと見てくれているんだな」と思い信頼をしてくれるでしょう。
でも、気をつけなければいけないこともあります。人の前で褒めないようにしなくてはいけません。なぜかというと他の人の目線と大きく違う場合もあるからです。

上司や年上の部下の褒め方

相手が年下の部下の場合には、このようにいつも助かっているという事を言えばいいのですが、相手が年上の部下や上司の場合には、他の褒め方をしなくてはいけません。人を褒める時にはわざとらしく褒めるのではなく、自然な感じで褒めなければいけません。相手が自分より知識がある場合には、素直に「なんでも知っていてすごいですね」と声をかけましょう。知識や経験をたくさん積んできた人は、知識の深さを褒められて嫌な気になる人はいないのではないでしょうか。年上の部下に対しては、「なんでも知っているのですね。これからも頼りにしています」などと声をかけ、上司に対しては、「○○さんのような知識人になれるように頑張ります」など行動ではなく、その人の持っている知識に関して褒めるようにした方がいいと思います。

こちらの記事もオススメです!

やりたいことを仕事に
やりたいことを仕事に

子供のころの夢を実現している人はほんのわずかです。みんな、大人になるにつれて、自分の夢に制限を設けて、最終的にあきらめてしまうのです。でも、本当にやりたい仕事ならば、夢としてあきらめずに、実現の方法を模索してみてはいかがでしょうか?資格取得や転職など、努力次第で捕まえることができるはずです。

Copyright (C) 2015 女性のキャリアは如何に All Rights Reserved.